認知症

認知症-#11 「要介護度認定調査」

調査員が自宅を訪問。

●本人面談(「基本調査」七十四項目と面談)

●家族面談

の二段階構成で調査がされる。

●本人面談の「基本調査」長谷川式スケール(HDS-R)
 
を中心とした質疑応答、雑談、身体機能の確認、など
 認知症を患っている本人は相手を「お客さんがやって来た」と感じているみたいで、機嫌よく明るく元気ではしゃいでしまう。

「意外にお元気そうじゃないですか」

●家族面談

「月に何回くらいですか』

何を訴えても「頻度」をしつこく聞いてくる。

我が家(東京)での二回の認定調査は合計三十分くらい

ちなみにほかの県で(以前は?)認定員が疑問に感じたら二、三度訪問して実態をきちんと調査してくれた、ということを聞いた。

ここにも地方格差が存在する。

 

error: Content is protected !!