認知症

認知症-#16「認知症」の症状

●中核(主格)症状・・・認知症患者の誰にでも発症

●(BPSD)周辺症状・・・出るか出ないか、その出方に個人差がある

その二つが「初期」「中期」「末期」と進んでいく。


●中核(主格)症状

・記憶障害
見当識障害 
理解力、判断力障害
実行機能障害
失語、失認、失行
 

●(BPSD)周辺症状 

いう。
興奮しやすくなる

・暴力的になる

・鬱的

・介護拒否

・不潔行為

・徘徊

・幻覚、妄想ーーせん妄

繰り返し言われるのが

「個人差がある」

「まだら」に出る

ということだ。

 結局、対処療法的に対応していくしかない。

家族の介護の限界はそこにあると思う。

 

error: Content is protected !!