認知症

認知症-21「世界が驚いた認知症治療薬」

7/29NHKで放送された『逆転人生』のタイトルが「世界が驚いた認知症治療薬」とあった。
予約録画していた番組が並ぶハードディスクの一覧で気づき、昨晩見た。
ついに、やっと、治る薬が出来たのか?!と祈る思いで見ていた。
「アリセプト」という認知症薬。
あれっ、「アリセプト」ってうちの母親が処方されている薬だぞ。
主役は開発者の杉本八郎さん。実母の血管性認知症を発症し、1976年頃から認知症治療薬の開発を始め、発売はアメリカで1997年、日本で1999年。
主にアルツハイマー型認知症の患者に処方される。
番組は20年がかりで不屈の根性で「アリセプト」を開発したドキュメントだった。

番組の中で認知症を改善する『可能性がある』というコメントがあったけれど、
残念ながら「根治する」薬は現在も世界中で研究開発されながら、完成に至っていない。
「アリセプト」は発売から20年経った現在もアルツハイマー型認知症に対して処方されている。
認知症の症状を緩和、遅延させる効果は世界中が認めているけれど、
・一定期間すぎると効かなくなり認知症が進行する
・効果に個人差がある
・効き過ぎてしまい、怒りっぽくなってしまう人がたまにいる

杉本八郎さんは76歳になる今は京都大学の中に部屋を貰い、「認知症根治薬」に研究開発に取り組んでおられる。


認知症介護についての本(Kindle版)出しました

母が認知症、家族はボロボロ: 〜親が認知症を発症したら家族に襲いかかる100のこと〜
母が認知症、家族はボロボロ: 〜親が認知症を発症したら家族に襲いかかる100のこと〜 [Kindle版]
著作:手尾広遠、表紙:大山あさこ、発売:ドルフィン・パブリッシャー

 

error: Content is protected !!