認知症

認知症-34 家族が出来ること /ガスコンロの使用をやめさせる

 とにかく火の元の心配。
ヘルパーさんでもケアマネージャーさんでも誰かが来ると、「お客さんにお茶くらい出さないと」と すぐにガスコンロに着火し、お湯を沸かし始める。
ヤカンが笛を吹いていても母は知らん顔。
お湯を沸かしていることをすっかり忘れている。
こんな場面に何度も遭遇した。電気コンロに変えることも検討したが、
「認知症は新しいことがよくない」と聞いたし、
電気コンロでも点火していることを忘れて直接触ってしまえば大火傷だろう、と断念。
 結局、昔よく使っていた電気ポットに替えた。
 そしてガスコンロは元栓を閉め、上にダンボールで「使用禁止」と貼って使えなくした。
 会えば、「どうしてガス使えないの」と詰め寄ることもあったが、 後半には調理ができなくなっていたからお湯さえあれば問題がなかった。
 悲しい気持ち半分、ホッとした気持ちが半分・・・


「認知症関連NEWS」ほぼ毎日更新中
★  
認知症介護ご家族向けマニュアル書籍版  2019/8/21発売
母が認知症、家族はボロボロ: ~親が認知症を発症したら家族に襲いかかる100のこと~(書籍版)

★ 認知症介護ご家族向けマニュアルKindle版 発売中

母が認知症、家族はボロボロ: 〜親が認知症を発症したら家族に襲いかかる100のこと〜 [Kindle版]お陰様で、「Kindleストア食品・衛生・福祉の資格・検定部門で1位!」
100項目の一部をご紹介、
・家族ができる介護
・要介護度判定で気をつけること
・認知症が治ると宣言するお医者さん
・介護用品
・介護施設の種類、選ぶポイント、気をつけること
・入所までの手続き
・これからの介護で考えること〜〜
書籍版
Kindle版
著作:手尾広遠、表紙:大山あさこ、発売:ドルフィン・パブリッシャー

error: Content is protected !!