認知症

認知症-#4『認知症』は症状ではなく、脳の病気である

 以前は『痴呆症』と呼称されていたが
二〇〇四年四月『認知症』へ改称。

一般的に「ボケる」という印象があるが、全員がいつも呆けているわけじゃない。

自分で歩けなくなるのは後期だし、ずっと寝たきりってわけでもない


特に初期は、一見身体は普通に元気そうで、普通に喋れるし、目の前のものに普通に反応する
通常の感情がある。 

だから怖い。
外見からは普通に見える。
それなのに認知症を患っている。

それは、家族や医師、周囲しかわからない。

認知症にはいくつかの種類があるが、
いずれも脳内に支障が起きたれっきとした「病気」である。  


病気に見えなのに「病気」。
このことがどれだけ恐ろしいか 
error: Content is protected !!